森永博志のオフィシャルサイト

www.morinaga-hiroshi.com

プロフィール★森永博志 (もりなが ひろし)

北村信彦



image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image



【68歳の挨拶】



横浜黄金町に映画を見に行こうと乗った京急電車のなかで、何度も、三崎へ行ってみようと思ったが、実行しなかった。

それが、2018年1月15日、映画を見終わり、黄金町から三田へと帰るつもりで乗った電車が、逆方向の三崎行きだったと、走り出してから気づいたが、いい機会だと、終点まで行った。

バスで三崎港に行って、風情に満ち、郷愁さそう路地が交差する港町を散策していたら、海南神社を見つけた。

鳥居をくぐり、階段を上がり、社殿で今年初の参拝をした。

港に戻ると、海は波が激しく、桟橋に寄せていた。風も真冬の冷たさだった。長居はできない。

港から駅へと帰るバスのなかでも、三田へと走る快速電車のなかでも、ずっと、人生について、思いをめぐらせていた。

何の不安もなかった。

これからも、なるようにしかならない。

あと、10年、20年、30年か、己の命に終わりがくるなんて思えなかった。しかし、安泰、安逸、安楽は、望んでいない。

いつか、波乱がくるかもしれない。

自ら波乱を引き起こすかもしれない。

今日、港で見た海は波乱そのものだった。生命力を感じた。

何を持って生きていくのか?

やはり、夢だ。

あの路地をうろついて夢見ることだ。

今日も、港町の路地をうろつき、夢見ていた。

それは、等身大の夢だ。

それは、世代を超えて、友人とできること。

また、自伝を書くこと。島を旅すること。服を作ること。歌を作ること。よき映画や本と出会うこと。

犬と遊ぶこと。笑うこと。泣くこと。平和を願うこと。

なにより毎日を自分らしく生きること。

それが68歳の前夜に、三崎港の路地をうろついて夢見たことだった。

Aℹ︎は、どんなに進化したって、俺の代わりはできない。


今夜、こんな気分で、自分のパーティーを盛り上げるために、スペシャルゲストをお迎えしました。

紹介します。

まずは、サイコーヒップでロックなファッションブランド、ヒステリックグラマーのデザイナー、ノブちゃんこと、北村信彦氏です!

実は、ふたりで、こんなパーティーをやろうと、昨年秋、浅草の路地裏で、話していたんです。

その夢が今夜、ひとつ、叶いました。






image


【清田君の紹介文】


昨年末、ウォーターフロントの、

お台場ビーチサイドの高層マンションに住む清田君を訪ねた。

そのとき、清田君は、医者から見放された友人の癌患者を、念じる力で治癒していた。

久しぶりに会った清田君は、ベランダから、お台場沖に浮かぶふたつの無人島を見下ろし、あそこを海上神社にしたいんです、と真顔で言った。

それから、みずから生み出した、祈りと踊りをひとつにしたパフォーマンスのビデオを見せてくれた。

台風が接近し、流れが荒れ狂う滝の、見るからに恐ろしい滝壺へ、祈りながら、単身、踊り出していった。

その姿は、空海のようであった。

なんという勇気か、もはや、現代人とは思えなかった。

話すうちに、清田君は、最近思い出したんです、と言った。子供の頃の夢は、神様になることだったんです。

どのくらいスプーンを曲げ、スプーンをおったんだろう。

企業から、その超能力を使った錬金術を頼まれたが、すべて、断ってきた。

教祖様にもならなかった。

どのぐらい神様になれたのか?

嵐の滝壺に飛びこんでいった清田君は、かなり、近いと思えた。

清田君は、本来、人間がどんな生き物であったか、いまも、われわれに、感動を持って示してくれる。

ちなみに、清田君は、北村信彦と高校の同級生で、今夜、ふたりは此処で何十年ぶりかの再会を果たしました。

最近、彼から来たメッセージは、



祈ること

念じることは、

生命がなせるもっとも、

原始的であり、かつ、最先端のワザです\(^o^)/


では、紹介いたします。

清田益章!


image







つづく...

PageTop